蜂の巣を退治しよう~住まいの安全これでバッチリ~

危険性の高い蜂

作業担当者

大型の蜂といわれるスズメバチは特に危険性が高いことでも知られています。この蜂は非常に攻撃的なため、退治するのはかなり難しいといわれています。このスズメバチが危険といわれているのはこの蜂が持っている毒の強さにあります。このスズメバチが持っている毒にはアミノ酸が大量に含まれており、このアミノ酸が痛みなどを発生させるといわれています。スズメバチの毒にはアミノ酸以外にも大量の毒素が含まれていることから危険な生物といわれています。スズメバチは嬢王蜂の行動により動きが変わってきます。スズメバチの嬢王蜂は4月頃から活動し始めます。そこから働き蜂が徐々に増えていいます。特に9月になるとかなりの量のスズメバチが発生するといわれています。スズメバチの量が増えるということは蜂の巣の危険性も高くなるということです。スズメバチは特に警戒心が強いことから蜂の巣に近づくと、攻撃を仕掛けてくることもあります。そのため、スズメバチの退治は簡単ではないのです。スズメバチの種類は多数あり、その中でも一般的なスズメバチがキイロスズメバチです。キイロスズメバチは人の集まるところにも蜂の巣を作るため特に気をつける必要があります。スズメバチの中でも特に大きいオオスズメバチは個体としての危険性が非常に高いため、刺されないよう防護服を活用して退治することとも大切です。スズメバチの退治方法として活用されることも多いのが、殺虫剤です。殺虫剤によってはジェット式タイプの物もあります。ジェット式なら蜂の巣に近づかずに巣を破壊することが可能です。